TERRYのブログ

最近はカメラにお熱。

Sponsored Link

コスプレイベント撮影について考える(レンズ編)

f:id:terry_u16:20180901202421j:plain
2年半ぶりの更新です。

野良でコスプレ撮影を始めて4ヶ月ほど。だんだん撮影にも慣れてきたので、普段感じていることや気を付けていることなんかを言語化していこうかなと。

まずはレンズ編です。

はじめに

  • 基本的にイベント等での野外並び撮影を想定してます。囲み撮影やスタジオ撮影はまた違うかと思いますのでご注意ください。
  • レンズの紹介も挟んでいますが、自分がCanon使いなのでそっち寄りです。
  • 紹介するレンズは単焦点メインですが、ズームレンズでも焦点距離をその値にセットすれば同じ使い勝手になるはずです。
  • コスプレ撮影経験は半年にも満たないため全体的に浅いです。ご了承をば。

焦点距離別雑記

広角レンズ(24mm付近)

5D2A3542
何も考えずに撮ると、身体が歪んだり背景がうるさくなったりで難しいです。特にコスプレイベントでは後ろがごちゃごちゃしていることが多いので、雑多な印象になりがちです。
使うのであればパースを活かす、ビッグサイトの逆三角のようなランドマークと一緒に撮るなど、明確な意思を持って使ってあげると良いかと思います。上手い人は低い位置から空を大きく入れたりなんかでダイナミックな写真を撮影されていますが……。
あとは合わせ撮影とかですかね。

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応

コスプレイベントではあまり使わない焦点距離ではあるのですが、お守り的にコレを持って行っています。が、他に50mmと85mmの単焦点も持参しているので、EF16-35mmの方が良いのでは?とも……。

標準レンズ(50mm付近)

IMG_3751
みんな大好き50mm。人間の視野に一番近いと言われる万能レンズ。使い慣れている人が多いであろう画角で、引けば全身、寄ればアップと何でもこなせます。
人が多くてあまり後ろに引けないことも多いコミケなんかでは役に立つのではないでしょうか。コミケ撮影エアプですが。
単焦点なら十分ボケてくれるので、「らしい」写真が撮れるかなと。
ポートレート以外でも使い勝手が良いので、普段使っている単焦点を一本持っていくと幸せになれるかと思います。

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 50mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応 311544

コスプレ撮影での使用頻度はあまり高くないのですが、Sigmaのこれを使っています。F1.4の開放から安心して使えるのは大きいですね。
本当は純正が良いんですが、EF50mm F1.2L USMは発売からそれなりに経つのでうーんといった感じ。EF50mm F1.4L IS USMみたいなの出てきてくれないかな……。

Canon 単焦点レンズ EF35mm F2 IS USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF35mm F2 IS USM フルサイズ対応

今はフルサイズに乗り換えてしまいましたが、APS-Cを使っていた頃はこのレンズを好んで使っていました。換算56mmで癖がなく素直。優等生的でとてもいいレンズです。

中望遠レンズ(85mm付近)

5D2A2444
言わずと知れたポートレートの王道、85mm。王道と言われるだけあって、使いやすさ、歪みの少なさ、ボケの美しさとどこを取っても優れています。標準レンズと比べると画角がやや狭いため、後ろがゴチャつきがちなイベント撮影であっても背景の整理がしやすい点もポイント高いです。
そして、コミュ障オタクとしてはアップの撮影でもレイヤーさんとそれなりに距離が取れるのが地味にありがたい。レイヤーさんとの距離感としては↓だいたいこんな感じです。

  • 全身撮影:4~5m
  • ニーショット:3m
  • ウエストショット:2m
  • バストショット:1.5m

欠点としては、周囲の状況によっては全身がフレームに収まる位置まで後ろに引けないことがある点、意識して動き回らないとウエストショットを量産しがちな点、などでしょうか。特にコミケなんかは人が多いので、撮影に夢中になって周りの迷惑にならないよう注意が必要です。後者は下手くそと言われればそれまでですが……。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.4L IS USM フルサイズ対応 EF8514LIS

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.4L IS USM フルサイズ対応 EF8514LIS

今使用しているのはこれ。コスプレ撮影では使用率9割超えてます。
後玉が大きすぎるせいか、背後に点光源がある場合は開放付近で撮ると玉ボケがミラーボックスでケラレるので要注意。ミラーレスなら解決するんでしょうか。その点を除けば手ぶれ補正、AFの速度・精度、画質と高い次元でまとまっていると思います。

なんとなくAF精度が微妙な気がしてEF85mm F1.4Lと交換で売ってしまいましたが、以前はこれを使っていました。非純正であることに起因するのか、個体差の問題なのか……。ポートレートではピントがシビアなことが多いため、残念ながらちょっと個人的には許容範囲外でした。ただ、後ろに並ぶ人を気にすることなく撮り直しが効くスタジオ撮影なんかでは、コストパフォーマンスは非常に良いのではないでしょうか。
F値は1.8とやや控えめですが、定評のあるボケ味を始めとした画質の評価はかなり高い上に、手ぶれ補正、簡易防滴と、ハイレベルでバランス良くまとめてきている印象です。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

85mmは激戦区。沼の終着点ハイグレードのレンズはもちろん、中堅どころも各社しっかりと揃えてきています。CanonのEF85mm F1.8 USMは発売から25年以上と相当なロングセラーレンズですが、デジタルカメラが当たり前となった今でも通用する画質と評判です。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

APS-C機をお持ちで、これからコスプレ撮影を始めたいという方には撒き餌として有名なこの辺りがオススメでしょうか。換算75mm(Nikon機)~80mm(Canon機)という画角は普段使いにはちょっと狭いですが、コスプレ撮影にはピッタリです。
ご存じの通り価格がとても安い割にF1.8と明るく、手軽に始められるのも大きなメリット。Nikonは2.5万円、Canonに至っては1.5万円という価格設定ながら、大三元ズームより1段以上明るいなんて、やはりバーゲンプライスとしか思えません。開放だとやや描写が緩いですが、女性レイヤーさんを撮るのならそれもプラスにはたらきます。
後々フルサイズに乗り換えたあとも標準レンズとして末永く使えるのもポイント。僕は売ってしまいましたが。

望遠レンズ(135mm付近)

4U0A3180
中望遠と望遠の境目、135mm。誰が決めたか知りませんが、最も被写体の顔が綺麗に写る焦点距離とも言われています。
イベントでは後ろに引けないことが多く、全身撮影は絶望的ですが、ウエストショット以上であれば大きなボケも相まって無類の強さを誇ります。多分。
以前はAPS-C機に85mmを付けて換算136mmとして運用していました。

まとめ

5D2A3480
いろいろ書きましたが、合わせ撮影以外では85mm最強です。撮りやすすぎる。
レイヤーさんに「よろしくお願いします」と挨拶して、ファインダーを覗いた瞬間、勝手に撮りたいフレーミングになっている、とでも言うのでしょうか。50mmだともう2,3歩近付きたいと思うことが多いのですが、85mmではそういうことがないのですよね。僕がウエストショットを好んで撮りがちということもあるのでしょうが。
イベント撮影でなく、普通のポートレートであれば広角気味で背景と一緒に写すことも多いかと思いますが、ことコスプレイベントでの野良撮影に関しては、これと抑えに50mmを持っていけば十分事足ります。

ズームレンズしか使ったことないという方も、これを機に単焦点を持ってコスプレイベントに繰り出してみてはいかがでしょうか。